Select Page
ウォルマートがメタバースでショッピングモールを目指す

ウォルマートがメタバースでショッピングモールを目指す

MTBlog 仮想空間の巨大ショッピングモール 世界最大規模を誇る小売チェーンのウォルマート(Walmart)がメタバース進出に向けて準備を始めました。将来10億以上の人たちが利用すると予想されるメタバースでは、既に仮想空間不動産が取り扱われていて、仮想不動産最大のマーケットプレイスDecentralandでは、16m×16mの仮想土地が1万ドルを超える価格で取引されています。 その仮想土地のあるメインストリートに巨大小売チェーンが進出して、大きなショッピングモールが出来れば、新しい買い物を楽しめることになります。...
メタバースへ向かって、人気ゲーム大手をマイクロソフトが買収

メタバースへ向かって、人気ゲーム大手をマイクロソフトが買収

MTBlog ゲームへの投資 マイクロソフトがゲーム大手のActivision Blizzardを687億ドル(約7兆9千億円)で買収することを発表しました。この投資によって、マイクロソフトのメタバースに対する姿勢が鮮明になってきました。 → マイクロソフト、ゲーム大手Activision Blizzardを約7.9兆円で買収へ...
メタバースの土地の買い方をマーケットプレイスを使って解説

メタバースの土地の買い方をマーケットプレイスを使って解説

MTBlog 仮想空間の土地を買える所 メタバースの土地をマーケットプレイスを利用した買い方について解説、メタバースで土地を売買する場合、マーケットプレイスに登録する必要があります。 仮想不動産取引ができるマーケットプレイスには、Axie InfinityDecentralandThe Sandboxなどがあり、その中で一番の大手がDecentralandです。 この記事では、Decentralandでの土地の買い方と、Decentralandの土地取引ができるOpenSeaでの買い方について解説します。...
メタバースが2022年に成長する理由とは?

メタバースが2022年に成長する理由とは?

MTBlog 仮想不動産企業 MetaLand メタバースで仮想不動産開発を行っているMetaLandによると、メタバースが2022年に大きく成長することを予想しています。 世の中のデジタル化が一気に進んだ大きな要因としてはパンデミックがあります。これによってデジタル化が20年近く進んだと言われるほど、世界が一変しました。そこに登場したのがメタバースです。2021年10月28日に、Facebookが名称をMetaに変えてメタバース事業を推進することを発表しました。...
Spark AR Goでメタバースが身近に

Spark AR Goでメタバースが身近に

MTBlog Spark AR Goで次の一歩へ 2022年は、NFTが一気に拡大した2021年のようにメタバースの進歩が著しい1年になりそうです。FacebookがMetaに名称を変えた2ヶ月後の2021年12月にメタバースの更なる一歩として、Spark AR Goのベータ版がリリースされました。メタバースを楽しめむために、VR(Virtual Reality、仮想現実)と、AR(Augmented...