Select Page
ウォルマートがメタバースでショッピングモールを目指す

ウォルマートがメタバースでショッピングモールを目指す

MTBlog 仮想空間の巨大ショッピングモール 世界最大規模を誇る小売チェーンのウォルマート(Walmart)がメタバース進出に向けて準備を始めました。将来10億以上の人たちが利用すると予想されるメタバースでは、既に仮想空間不動産が取り扱われていて、仮想不動産最大のマーケットプレイスDecentralandでは、16m×16mの仮想土地が1万ドルを超える価格で取引されています。 その仮想土地のあるメインストリートに巨大小売チェーンが進出して、大きなショッピングモールが出来れば、新しい買い物を楽しめることになります。...
NFTがお金・モノ・体験を含めたステータスになる!?

NFTがお金・モノ・体験を含めたステータスになる!?

MTBlog スポンサーリンクstyle="display:block"data-ad-format="fluid"data-ad-layout-key="-hy-4-1-5r+dd"data-ad-client="ca-pub-1417947742374148"data-ad-slot="8952473128" 3つのステータス=NFT!? ステータスと言えば、お金・モノ・体験があります。お金とモノは所有することで、体験は画像や動画で見せることで、自分のステータスになります。そして、そこに加わるのがNFTとなってきました。...
PayPalのステーブルコイン検討とスマホアプリの利便性向上

PayPalのステーブルコイン検討とスマホアプリの利便性向上

MTBlog ネット決済と仮想通貨 ネット決済で利用されているPayPalが、激しい値動きをしないステーブルコインの発行に向けて検討していることを発表しました。(2022年1月7日)PayPalは2021年3月に仮想通貨による決済サービスを提供、さらに仮想通貨市場の将来性に目を向けて活発化させているこの時期に発表ということもあり、世界がその動きに注目しています。 ステーブルコインとは...
NFTの仮想通貨、主要マーケットプレイス一覧、IOSTとは

NFTの仮想通貨、主要マーケットプレイス一覧、IOSTとは

MTBlog よく利用される仮想通貨 NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)で扱われる仮想通貨は、NFTのマーケットプレイスでそれぞれ使われる種類が違ってきます 代表的なものとしては、 OpenSea(ETH)Decentraland(MANA)The SandBox(SAND)the Internet of Services Token(IOST) があります。 どのマーケットプレイスでNFTを利用するか?を決めたら、そこで扱われている仮想通貨を選びましょう。 →  NFTのマーケットプレイスとは?...
メタバースが2022年に成長する理由とは?

メタバースが2022年に成長する理由とは?

MTBlog 仮想不動産企業 MetaLand メタバースで仮想不動産開発を行っているMetaLandによると、メタバースが2022年に大きく成長することを予想しています。 世の中のデジタル化が一気に進んだ大きな要因としてはパンデミックがあります。これによってデジタル化が20年近く進んだと言われるほど、世界が一変しました。そこに登場したのがメタバースです。2021年10月28日に、Facebookが名称をMetaに変えてメタバース事業を推進することを発表しました。...