Select Page

人気NFT3銘柄

NFTのフロアプライス(最低販売価格)で、人気のCLONE X、AZUKI、Bored Ape Yacht Club(BAYC)を調べると、短期的には下がっていても、長期的には上昇傾向にあります。そして、スターバックスがNFTに取り組むことを発表し、日本政府もNFTを成長戦略の中に取り入れようとしいるのが分かりました。更に、英国政府が独自のNFT発行に向けて動き出しています。

チャート

3銘柄それぞれのチャートを見てみると、長期的にはフロアライスが上昇していることがわかります。

・CLONE X

https://www.coingecko.com/ja/nft/clonex/

・AZUKI

https://www.coingecko.com/ja/nft/azuki/

・Bored Ape Yacht Club(BAYC)

https://boredapeyachtclub.com/

スタバ、日本政府も

そして、気になるのがスターバックスと日本政府の動きです。

スターバックスがWeb3.0に乗り出すことがわかりました。第三の場所として世界中に店舗を拡大したスターバックスが、今度はデジタルでも第三の場所を作ろうとしています。
NFTコレクションを皮切りに、いずれはメタバース(巨大デジタル市場)で店舗を構えてユーザーの囲い込みをしていくことでしょう。

スターバックス、NFTコレクションの発行を計画 | コミュニティ構築へ

更に、日本政府もNFTを成長戦略に中に取り込んで、新しい資本主義を推進していくことがわかりました。今後、国が積極的にWeb3.0とNFT関連の人材育成のために投資するスタンスを取っていくことが明確になってきました。

英国が独自NFTを作成

また、英政府が英財務省による独自のNFTを作成することを要請し、暗号資産を国の資産として活用する方針が明らかになりました。

今後、Web3.0で成功するかしないか?は国の将来性に大きく影響していくことが危惧されているため、2022年からは各国が凌ぎを削る激しい競争が始まりそうです。

人気NFTのフロアプライス(最低販売価格)と、NFTに向けたスタバ、日本政府の動きについてを解説

加藤光博 Mitsuhiro Kato
海外のオンラインツールやNFTなど、急速に進化するWeb3.0時代の最新情報を発信しながら、ITコンサルタントとして各企業のサポートを行っている。ONLINEBiZ / AssetsLion
スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。