Select Page

意味

ステーブルコイン(Stable Coin) とは、Stable(安定)したコインという意味で使われていることが多いです。
仮想通貨で代表的なビットコインやイーサリアムなど、値動きが激しく一種の投機的な対象となっていることもあり、より値動きが安定した仮想通貨として登場したのがステーブルコインです。

主なステーブルコインのタイプ

一般的に呼ばれているステーブルコインのタイプは、国が発行している法定通貨を担保にして企業等が発行し、その発行した分の法定通貨を保有しなければならないことになっています。
そのため、安定した仮想通貨として注目されるようになりました。
他にも、無担保型(アルゴリズム型)や、ビットコインやイーサリアムなどを担保にした仮想通貨担保型、また、金やプラチナと連動したステーブルコインもあります。

米ドルを担保した銘柄

ステーブルコインのほとんどの銘柄が米ドルを担保しています。

資産残高

Tether (USDT):
$77.5 billion USD
9兆6千億円

USD Coin (USDC):
$42.1 billion USD
5兆2千億円

Binance USD (BUSD):
$14.3 billion USD
1兆8千億円

Terra USD (UST):
$9.2 billion USD
1兆1千5百億円

MakerDao/Dai (SAI&DAI):
$9 billion USD
1兆1千億円

※2020年4月現在

ステーブルコインのメリット

法定通貨を担保にしているため、ビットコインやイーサリアム等の仮想通貨の値動きに大きく左右されないのが一番の特徴と言えるでしょう。上昇と下落の差が激しい一般的な仮想通貨に比べて安定性があるステーブルコインは、今まさに注目されている仮想通貨です。

ステーブルコインとは?その仕組みと主な種類・銘柄一覧

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。