Select Page

OpenSeaでの利用が可能に!?

仮想通貨Solana(SOL)が使えるマーケットプレイスには、SolanartSolSeaNifty GatewayRaribleMintableSuperRareなどがありました。そして、2022年3月30日に、マーケットプレイス最大のOpenSeaがTwitterで、2022年4月からSolanaを利用できることを発表。
今後、OpenSeaでSolanaを使ったNFTの売買ができるようになれば、Solanaにとっては大きなメリットとなります。

Solana(SOL)とは?

2017年に元Qualcomm役員のAnatoly Yakovenko(アナトリー・ヤコヴェンコ)氏が創設した暗号資産のトークンで、高速且つ省エネタイプとして注目されています。現在はソラナ財団(スイス)が管理。
Solana(SOL)は、プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake, PoS)というエネルギー消費を抑える仕組み(コンセンサスメカニズム又はコンセンサスアルゴリズム)を使っています。そのベースになっているのが、プルーフ・オブ・ヒストリー(Proof of History, PoH)と呼ばれるSolana特有のトランザクションと言われています。これらの仕組みを駆使することで、取引に係る時間を短縮することと、消費されるエネルギーを抑えることを両立しているのが特長と言えます。

仮想通貨最大のBitcoin(BTC)と、それに次ぐEthereum(ETH)はプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work, PoW)を使用しています。
※Ethereum(ETH)は2022年後半までに、POSを使ったETH2.0をリリース予定。

NFT化でエネルギー消費量が増えるのか?減るのか?

創設メンバーが約半数

Solanaの流通量の約半分が創設メンバー関連となっています。

Slanart

Solanaを扱うマーケットプレイスの中で、一番最初に公開(2021年)されたのがSolanartです。
※solanart.ioがSolanartの公式サイトですのでご注意ください。

DappRaderによりますと、Solanartの市場規模は約6億3700万ドルとなっています。また、投資家の数は20万人を超えています。

仮想通貨ウォレット

Slanartで使える仮想通貨ウォレット(財布)には、Solflare、Phantom、Clover、Sollet、Slope等があります。

NFTカレンダーでチェック

SolanartやOpenSeaの最新NFTプロジェクトは、NFTCALENDERで公開されていますのでチェックしてみましょう。

→ Solanart NFTカレンダー

→ OpenSea NFTカレンダー

OpenSeaの市場規模

マーケットプレイス最大のOpenSeaの市場規模は約230億ドル、投資家の数が140万人を超えていますので、それに比べるとSoanartの規模はまだまだ小さいです。
一方で、Solanartでは60万点がの作品が取引され、将来的には100万を目指すということもあり、伸び盛りのマーケットプレイスの一つと言えるでしょう。

OpenSeaがSolanaに与える影響

巨大マーケットプレイスで利用可能になればSolanaへの注目度が高まりますので、今後のSolanaの動きに注目です。

仮想通貨SOLANA(SOL)、マーケットプレイスSolanart、OpenSeaのSOL取扱開始について解説

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。