Select Page

NFT

NFTとはNon-Fungible Tokenの略で、日本語にすると非代替性トークンという意味になります。トークンとはネットバンキング等で使われているトークンのことです。
2021年からはアート、音楽、ゲームなどが次々とNFT化されることで、高額取引が行われるようになりました。

NFTとは?意味は?

ブロックチェーン

NFTに欠かせないのがブロックチェーン技術です。NFTの取引に使用される代表的な仮想通貨としては、イーサリアム(ETH)があります。このETHを使ったNFTの一取引で消費されるエネルギーが48.14kWhと言われています。(※600Wの電子レンジで10分間温めると0.1kWh)
カード決済と比較すると、一般的な仮想通貨の一取引で70万回のVISA取引ができるというデータもあります。また、世界最大のマーケットプレイスとして有名なOpenSeaの場合、ETHを使った一取引にかかる時間が15秒となっています。

NFT化でエネルギー消費を抑えるには?

NFTの特長としては、ブロックチェーン技術を改良して取引に使用されるエネルギー消費を抑えることだけでなく、エネルギーの使い方を柔軟に工夫することが可能であるという点です。

再生可能エネルギー使用に向けた取組み

NFTの取引に再生可能エネルギーを使用することを将来的な課題と捉えるだけでなく、今からでもできる取組みもいくつかあります。

例えば、

✅  NFTで得た収益を使って積極的に再生可能エネルギーにシフトする仕組みを作っていく。
✅  最新テクノロジーを駆使してエネルギー効率を上げる。
✅  取引毎にカーボンオフセットによるCO2クレジットを購入する。

などが挙げられます。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS) が効果的!

仮想通貨の取引では一般的にプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work/PoW)というブロックチェーンにつなげる技術が採用されてます。このPoWに比べて、消費するエネルギーを大幅に削減できるプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS) という別の技術を使う動きが出てきました。
NFTの仮想通貨として代表的なイーサリアム(ETH)が2022年後半までに、PoSを使ったETH2.0に移行することを発表しました。ETH2.0になると消費エネルギーを99.9%を削減できると言われています。
ETH2.0にすることで、NFT化によるエネルギー消費問題の解決に向けた具体的なロードマップが公開されています。

ETH2.0へのロードマップ→ https://blog.ethereum.org/2022/01/24/the-great-eth2-renaming/

PoSを既に使っている仮想通貨

ETH以外に、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を使った仮想通貨が既に存在します。中でも、世界のNFTクリテイターたちが注目しているのがSolanaです。Solanaを使った一取引のエネルギー消費量が0.166Whと言われています。
他にも、AlgorandCardanoTezos等の仮想通貨もPoSを使った取引を行なっています。

NFTから生まれる技術

NFTがクリエイターにだけでなく、一般ユーザーにも浸透することで、今後取引量が増大することが予想されます。
NFTがブロックチェーンを使った取引で、エネルギー消費量を削減する新技術を生み出し、その技術が私たちの暮らしに活用される日がやってくるのも近いでしょう。

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。