Select Page

注目度が高いSOL

Solana ecosystemは、2017年にクォルクアム(Qualcomm)のエンジニアだったAnatoly Yakovenko氏が始めたブロックチェーンです。その後、Greg Fitzgerald氏とEric Williams氏が加わり、サンフランシスコに拠点を置くSolana Labsによって、2020年3月に2560万ドル(約29億円)で公開されました。
エコシステム(ecosystem)と呼ばれるように、SolanaはPoS(Proof-of-Stake)を採用することによって、PoW(Proof-of-Work)よりも電力消費量を削減できることが注目されています。Solanaは処理速度が早くコストが安いのが特徴です。

OpenSeaでSOLが!!

OpenSeaがSolana(SOL)の取り扱いに向けた動きを発表しました。

仮想通貨Solana、マーケットプレイスSolanart、OpenSeaの発表

Solana(SOL)を使った主なマーケットプレイス

Magic Eden

Solanaのマーケットプレイスでトップの位置にあるのがMagic Edenです。
出品手数料0%
取引手数料2%

Solanart

Magic Edenに並ぶSolanaを扱う大手マーケットプレイスとなっています。
取引手数料3%
⭐️Galactic Gecko Space GarageやDegenerate Ape Academyなどプロジェクトが注目されています。

DigitalEyes.market

2021年に公開された一番早いSolanaのマーケットプレイスです。
手数料2.5%

Solsea

クリエイターがライセンスを選べるSolana最初のマーケットプレイスがこのSolseaです。
手数料3%

FTX

仮想通貨取引所のFTX.USが2021年10月にオープンしたマーケットプレイス。
出品手数料0%
取引手数料2%

Metaplex

ショッピングサイトのようなマーケットプレイス。
手数料不明

Solanaの取引所は海外

Solanaのマーケットプレイスは今後更に増えることが予想されます。今のところ、Solanaを扱っている仮想通貨取引所はBinanceなどの海外の取引所がメインとなっています。将来、国内で扱う取引所も出てくることになるでしょう。

加藤光博 Mitsuhiro Kato
海外のオンラインツールやNFTなど、急速に進化するWeb3.0時代の最新情報を発信しながら、ITコンサルタントとして各企業のサポートを行っている。ONLINEBiZ / AssetsLion
スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。