Select Page

エアドロップとは

エアドロップとは無料でNFT作品を出すことを言います。

CryptoPunksもエアドロップされた

2021年3月にツィッターを創業したジャック・ドーシーさんの初ツィートが約3億円で販売されたことで、NFTの価格に対する意識に変化が生じました。
ここ最近NFTの価格が高騰し、数億円や数十億円するものや、中には100億円を超えるものもあります。
下のリストにあるThe Mergeはセットにして9810万ドル(約104億円)で販売されました。他にも人気のあるCryptoPunksも1180万ドル(約13億円)で販売されています。このCryptoPunksも公開されて間もない2016年の頃には、エアドロップされていたことがあります。それが現在は数十億円もする作品として扱われています。

スポンサーリンク

NFTとは

NFTはNon-Fungible Tokenの略で、日本語では非代替性トークンと呼ばれています。仮想通貨で使われているブロックチェーン技術を使っているため、デジタルコンテンツで世界で唯一所有することが可能となり、NFTを扱っているマーケットプレイスではたくさんのNFT作品が出品されるようになりました。

無償で受け取る

NFTを無償で受け取るのがエアドロップです。仮想通貨でもエアドロップを使って、初期段階において認知度を上げるために無償で発行しています。

エアドロップには

スタンダートタイプとクローズドタイプがあり、スタンダードタイプは誰でも参加できます。クローズドタイプは、ロイヤルフォロワーと呼ばれるユーザーのみが参加できます。
一般的なスタンダードタイプの中には、参加条件としてはSNSアカウントを登録したりします。例えば、ツイッターやインスタグラムのフォローなどが普通です。

情報を入手する

エアドロップの情報は早く入手するというのが基本です。エアドロップを紹介しているサイトで見つけたり、ツィッターで「NFT Airdrop」と検索して探すという方法もあります。

エアドロップの注意点

但し、エアドロップは初期段階で人気を得るために使われるものなので、発行元が信頼できるかどうか?という問題があります。
情報が新しいからと言ってすぐに行動せずに、各種情報を入手することを強くお勧めします。

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。