Select Page

仮想不動産企業 MetaLand

メタバースで仮想不動産開発を行っているMetaLandによると、メタバースが2022年に大きく成長することを予想しています。

世の中のデジタル化が一気に進んだ大きな要因としてはパンデミックがあります。これによってデジタル化が20年近く進んだと言われるほど、世界が一変しました。
そこに登場したのがメタバースです。2021年10月28日に、Facebookが名称をMetaに変えてメタバース事業を推進することを発表しました。

※メタバースとは、超という意味のMetaとユニバースのVerseによる造語です。VR(仮想現実)とAR(拡張現実)により、巨大なデジタル市場が生まれると言われています。2021年10月Facebookは名称をMetaに変更しました。

NFTとメタバースは巨大なデジタルエコノミーに

スポンサーリンク

成長の理由

Metlandが、2022年に入ってメタバースがさらに成長する理由を挙げています。その中でも、気になるものがいくつかありますのでご紹介します。

👉 メタバースは巨大なデジタル空間のため、その中での経済活動にも制限がないこと。

👉 オンラインゲームの3D化が進化し、需要が更に伸びているように、メタバース市場はゲーム以外でも3Dによっての需要増大につながる。

👉 デジタル空間での遊びはもちろんのこと、仕事も可能となり生活スタイルが大きく変化することで、企業にとってもコスト削減や効率化につながる。また、巨大グローバル企業はその恩恵をダイレクトに受けることになる。

👉  以上のような背景からして、仮想不動産への投資は無視できない状況になっている。

3Dを体験する

oncyer.ioではNFT作品の3D体験ができます。
世界中のクリエイターたちによる3Dデジタルアートを楽しめます。NFTアートのギャラリーとしてはもちろんのこと、メタバースが普及した時のオフィスをイメージすることもできます。

気になる作品をクリックすると、Enterのボタンが出てきます。
キーボードのWが前進、Sが後退、Dが右、Aが左になり、マウスでもコントロールできます。Escキーで通常の画面に戻ります。

3D作品数が増えて規模が大きくなれば、3Dを体験をするユーザーも増加し、結果としてメタバースの成長につながっていくことでしょう。

加藤光博 Mitsuhiro Kato
海外のオンラインツールやNFTなど、急速に進化するWeb3.0時代の最新情報を発信しながら、ITコンサルタントとして各企業のサポートを行っている。ONLINEBiZ / AssetsLion

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。