Select Page

テレビでマーケットプレイスにアクセス

サムスン(Samsung)がNFTの取引ができる機能を搭載した3モデルのテレビを発表(2022年1月2日)。

リビングにいながら大画面テレビで、NFTの取引ができる機能がついた新機種がリリースされました。
サムスン(Samsung)が発売する3モデルでは、NFTのマーケットプレイスにアクセスして、NFT作品の売買ができるようになります。

・Micro LED
・Neo QLED
・The Frame smart

※NFTはNon-Fungible Tokenの略で、日本語では非代替性トークンと呼ばれています。仮想通貨に利用されているブロックチェーン技術の証明により複製できないため、世界で唯一のデジタルアート等を所有することができます。

NFTとは?

スポンサーリンク

スポーツメーカーもNFTに進出

アディダスが2021年12月から始めたNFTサイトINTO THE METAVERSEでは、既に2300万ドル(約27億円)の取引が行われたと言われています。

ナイキもRTFKT(バーチャルアパレル)を買収し、メタバースゲームに参入しました。これにより、大手ブランドによるNFTの取り扱いが一般的になってきました。
NIKELAND

スポーツメーカーが、将来性のあるデジタル市場での売上増を狙って、NFTを扱ったりゲームに参入するのはごく自然な流れです。
そこにいち早く目をつけたサムソンが、テレビで気軽にNFTの取引ができるようにすることは、巨大デジタル市場へと成長していくことが予想されるメタバース(Metaverse)の拡大にとって、大きなステップになるでしょう。

NFTとメタバースは巨大なデジタルエコノミーに

ファッションブランドも参入

グッチやルィ・ヴィトンなどの大手ファッションブランドもメタバースに参入しており、今後ビッグブランドが続々とNFT市場にやってくることで、更なるユーザー数の増加を見込まれます。

仮想空間不動産の開発が進む!

※メタバースとは、超という意味のMetaとユニバースのVerseによる造語で、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)が融合したデジタル空間のことです。Facebookが名称をMetaにしたことで、今後、メタバースは巨大なデジタル市場へと拡大していくことが予想されています。

NFTとメタバースは巨大なデジタルエコノミーに

NFTゲームとメタバースで巨大取引所BINANCEが目指す世界とは?

大画面でNFT作品を楽しむ

サムスン(Samsung)の新製品リリースによって他社もそれに続き、NFTマーケットプレイスに簡単にアクセスできる機能を搭載したテレビを発売してくるでしょう。

2022年はリビングで大画面を見ながら、家族とNFT作品を楽しめるようになりそうです。

加藤光博 Mitsuhiro Kato
海外のオンラインツールやNFTなど、急速に進化するWeb3.0時代の最新情報を発信しながら、ITコンサルタントとして各企業のサポートを行っている。ONLINEBiZ / AssetsLion

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。