Select Page

人気アートはピクセルと3D

NFTで人気があるのがピクセルアートや3Dです。
CryptoPunksでNFTが注目されたこともあり、NFTのマーケットプレスではピクセルアートの人気が高い状態が続いています。
そこで、ピクセルアートを無料で作れるサイトと画像を3Dに変換してくれるサイトをご紹介します。

NFTはいつごろから始まった?

NFTアートを作ってもらう、仕事をもらう。

Pixilartでピクセルアートを作る

ソフトをダウンロードしなくても高品質なピクセルアートを作ることができるのがPixilartです。
サイトに行き、START DRAWINGをクリックしてツールを使います。

スポンサーリンク

サイズを決める

ピクセルアートですので今回は32✖︎32にして、NEW DRAWINGをクリックすると、作成画面に移ります。
各種ツールを使って作品を作ってみましょう。

ピクセルアートを3Dにする

IMAGEtoSTLでピクセルアートを3Dに変換します。
3Dに変換するにはステップが‘2回あります。アップロードとダウンロードするだけですのでとても簡単です。
まず、PNGを3MFに変換します。

https://imagetostl.com/convert/file/png/to/3mf

ToolでExtrude(Color)を選んで、Convet to 3MFをクリックし、3MFファイルに変換してダウンロードします。

次に、3MFファイルをGIFに変換します。
Upload a 3MF fileをクリックし、GIFファイルに変換してダウンロードします。

→ https://imagetostl.com/convert/file/3mf/to/animated-gif

これでピクセルアートを3Dに変換できました!!

普通の画像を3Dにする

NFTArt3D.comに行き、画像ファイルをアップロードします。音がない画像の場合、Continue Without Audio Fileをクリックします。

表示されたテンプレートの中から選んで、Create Your 3D Artをクリックします。
変換中はブラウザを開いたままでしばらく待ちます。

変換が完了しましたら、GIF、JPG、MP4のどれかを選んでダウンロードします。

これで、2Dの普通の画像が3Dに変わりました。

どのサイトも無料で利用できますので、NFT作品を作りたい時は試してみてください。

「NFTのピクセルアートや3D画像を無料で作れるサイトを紹介!」(時間 3:47)

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。