Select Page

ビギナーの時にやるべき事

NFTビギナーにとって、マーケットプレイスに出品した自分の作品をPRしたい時どうすればよいか?
広告を出せば効果があります。但し、お金がかかります。NFT作品が売れてお金が入ってくれば、その一部を使って広告費用にまわすというのもよいでしょう。
では、NFTを始めたばかりの時に、どうやってPRすれば良いか?について、いくつかの方法をご紹介します。

PRする必要はあるのか?

まず、根本的な疑問として、出品したNFTをPRする必要があるのだろうか?ということです。目的としては、自分の作品をより多くの人に見てもらうことで、売れる可能性が増えるからです。
また、自分のプライベートブランドを構築していくことを考えた場合、PRによるマーケティングは欠かせません。

PRの方法

PRの中には、個人レベルで無理せずできる方法がいくつかありますのでご紹介します。

SNSで積極的に

NFTのPRと言えば、TwitterやInstagramがまず最初に思い浮かびます。SNSを使ったPRで重要なのは、インフルエンサーと呼ばれる影響力のある人とつながることです。特に、アーティストでNFTに出品している人のコミュニティに参加するのは効果的といえるでしょう。
また、NFTを利用しているアーティストとのコラボレーションという方法もあります。

Instagramの場合、以下のハッシュタグを参考にしてくだい。
#nft
#nftart
#nftartist
#nftcommunity
#nftcollector

カレンダー

NFTCalenderを使ってイベントを発信していくという方法もあります。List Your Eventにイベントタイトル、マーケットプレイス、カテゴリー、Twitter情報を入力して登録してみましょう。無料で利用可能です。

redditにはNFT’sMarketplaceがあります。また、NFTとは直接関係はありませんが、日本語のredditもあります。

できる範囲からやってみる

NFT作品を作って出品するだけでは、なかなか目立つことはできません。自分ができる範囲で積極的に作品をPRしていくことで、誰かの目にとまりそれがチャンスにつながっていくことでしょう。
例えば、海外で活躍している人気DJのスティーヴ・アオキ(Steve Aoki)さんは、無名アーティストのNFT作品を数多くコレクションしています。
自分の作品をPRしていくことで、インフルエンサーに出会う可能性が広がります。

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。