Select Page
スポンサーリンク

メインはイーサリアム

NFTのマーケットプレイスで扱われている仮想通貨は、イーサリアム(Ethereum)ポリゴン(Polygon)がメインです。
ほとんどのマーケットプレイスでは、イーサリアムが使え、ポリゴンも使える所も増えてきました。

nft_digest

6500TPSのPolygon

イーサリアムはビットコインに次いで市場規模が大きく、仮想通貨取引所では必ず扱われている仮想通貨です。
一方、ポリゴンは2016年にインド3人(Jaynti Kanani、Sandeep Nailwal、Anug Arjun)のエンジニアによって開発されました。イーサリアムのベーシックアプリケーションを使い4つのレイヤーを利用していて、トランザクションといわれる回数が1秒間に6500回(6500TPS)で、イーサリアムの30回(30TPS)の約216倍となります。
ちなみに、2020年3月に公開されたsolana(SOL)は6500回と言われています。

ポリゴンが使える所

国内でポリゴン(Polygon/MATIC)を扱っている所はありませんので、海外での取引となります。(2021年12月21日)

Polygon(MATIC)が利用できるNFTのマーケットプレイス。

OpenSea

Treasureland

NFT Madness

NFTrade

Refinable

ポリゴンを扱っている仮想通貨取引所

BINANCE

Coinbase

FTX

手数料が安い

ガスフィーと言われる手数料では、イーサリアムが高騰してきているのに比べると、著しく安いのがポリゴンです。

加藤光博 Mitsuhiro Kato
海外のオンラインツールやNFTなど、急速に進化するWeb3.0時代の最新情報を発信しながら、ITコンサルタントとして各企業のサポートを行っている。ONLINEBiZ / AssetsLion

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。