Select Page

作る時間がない

NFTに出品するのに自分で作るのが大変!というとき、誰かに作ってもらうという方法があります。
できるだけ凝ったものを格安で作ってもらって、それをNFTのマーケットプレイスに出品して稼ぐということも可能です。
特に、数で勝負するときは、時間がかかってしまい一人では限界があるので、自分は出品に専念することで効率を上げることができるようになります。

nft_digest

フリーランスをみつける

そこで、どこで頼めばよいのか?ということになります。
世界ではNFTアートを作ってマーケットプレイスに出品せずに、それを普通に販売しているアーティストがたくさんいます。

フリーランスを見つけるサイト

fiverr.comでNFTアートを作って売っているアーティストを見つけることできます。

https://www.fiverr.com/categories/graphics-design/nft?source=gig_sub_category_link

安いものですと5ドルからアートを作ってもらうことが可能です。

他にも、DribbbleBehanceなどでも、NFTアーティストを見つけることができます。

スポンサーリンク

SNSで活動をチェック

アーティストをみつけたら、InstagramやTwitterでアーテイストの活動をチェックすることをお勧めします。
SNSではアーティストの雰囲気がわかってくるので、自分と合うか合わないかを判断する材料にもなります。

価格交渉のコツ

仕事を依頼するときの価格交渉のコツとしては、数量×単価を意識すると良いでしょう。
できるだけ数多くのアートが欲しい場合、一つのキャラクターでも、髪型、目の色、口の形、服装、カラーなどパーツごとに分けて、それらを組み合わせることで数が増えます。
アーティストにとっても時間を節約できるので、価格交渉がしやすくなるでしょう。

アーティストからの視点

NFTアートをマーケットプレイスに出品して稼ぐのが大変というアーティストにとって、普通に販売できるというのも現実的な選択肢でもあります。
自分のアートを気に入ってくれる常連客を作ることも可能ですから、早速、フリーランスサイトで他のアーティストの活動をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。