Select Page

最大級仮想通貨取引所がゲーミングにシフト

NFTゲームのマーケットプレイスでNo.1と言えば、BINANCE NFTです。
BINANCE NFTを運営するBINANCEは世界最大級の仮想通貨取引所です。2021年12月21日に、BINANCEがUAEにあるドバイ世界貿易センター局と暗号資産ハブ構想実現に関する覚書を締結したニュースが世界に流れました。

nft_digest

イニシャル・ゲーム・オファリング(IGO)

2021年10月26日、BINANCE NFTがInitial Game Offering (IGO)を公開しました。その後の1ヶ月で4000万ドル(約46億円)が取引されたという話題も記憶に残っています。

Initial Game Offering (IGO)とは、開発中のゲームに初期段階から参加し、NFTを扱える特典のようなもので、ゲーム開発者とプレーヤー、さらにNFTで扱われる仮想通貨が融合することで、売れるゲームを生み出す仕組みとしての価値があると言われています。

スポンサーリンク

メタバース

メタバース(Metaverse)とは、Meta(旧Facebook)の創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が掲げた巨大なデジタル市場のことで、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)を融合した、今までの3Dを超越した世界のことです。
AR(拡張現実)には、スマホで部屋の中を撮りながら、仮想の家具を部屋に置いてみることができる(IKEA Place等)があります。

マーク・ザッカーバーグ氏は、メタバースで最初に楽しめるのがゲームの世界と言っています。ゲームに没頭できる空間としてはメタバースは最高の場所であり、3Dで著しい進化を遂げたゲーム自体がメタバースに合っているのも確かです。

巨大市場に挑戦

BINANCEはこのような大きい市場のGamingNFTをメタバースの世界に持ち込んで、ゲームにおけるメタバース世界での第一人者を目指していると言えるでしょう。

2021年はNFTが一気に拡大し、それに伴って仮想通貨も成長してきました。2022年以降のBINANCEは、仮想通貨だけにとどまらず、ゲームでメタバースという巨大市場に挑戦していくことになります。

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。