Select Page

MT
Blog

NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)が最初に作られたのが、2014年5月3日だと言われています。

デジタルアーティストのケビン・マッコイ(Kevin McCoy)という人が、Quantumを公開。
それが最初のNFTというのが一般的です。

NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)が最初に作られたのが、2014年5月3日だと言われています。

デジタルアーティストのケビン・マッコイ(Kevin McCoy)という人が、Quantumを公開。
それが最初のNFTというのが一般的です。

その後、暗号資産ビットコイン(仮想通貨)のプラットフォームになっているカウンターパーティー(Counterparty)が、ブロックチェーンを使ってデジタル資産を作るようになりました。

2017年に入り、暗号資産イーサリアム(仮想通貨)を使って、ジョン・ワトキンソン(John Watkinson)氏とマット・ホール(Matt Hall)氏がCryptopunksを公開。

John Watkinson
https://twitter.com/pents90

Matt Hall
https://twitter.com/matthall2000

続いて、Axiom ZenがバーチャルゲームのCryptoKittiesを公開。

2018年以降になると、 Enjin Coin (ENJ)がNFTに参入し、それに続けという形でいくつものプラットフォームが参入。

2021年3月には、Twitter CEOのジャック・ドーシー氏が自身の最初のツィートをNFTで販売した、というニュースが流れ、日本においてもNFTの存在が一般的になってきています。

NFTの歴史を見ると、普及し始めてまだ数年しか経っていないという状況です。
2022年以降は、さらにNFTが社会に浸透しながら進化していくことになるでしょう。

NFTの歴史を見ると、普及し始めてまだ数年しか経っていないという状況です。
2022年以降は、さらにNFTが社会に浸透しながら進化していくことになるでしょう。

加藤光博 Mitsuhiro Kato
海外のオンラインツールやNFTなど、急速に進化するWeb3.0時代の最新情報を発信しながら、ITコンサルタントとして各企業のサポートを行っている。ONLINEBiZ / AssetsLion

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。