Select Page

MT
Blog

NFTを扱っている場所がマーケットプレイスと言われ、プラットフォームとも呼ばれています。
プラットフォームには暗号資産のイーサリアム(仮想通貨)等の通貨を扱っている場所という意味もあります。

マーケットプレイスでできることはオリジナル作品の売買で、価格は固定やオークション形式などが選べ、売買にはガス代と呼ばれる手数料を支払うのが一般的です。

NFTのマーケットプレイスで販売された作品を購入者が再販売することもできて、その販売価格の一部が作者に分配されることで、話題を呼ぶようになりました。

よく知られているNFTマーケットプレイス(プラットフォーム)としては、

<海外>

OpenSea

Rarible

Nifty Gateway

<国内>

Coincheck NFT(β)

AdambyGMO

LINE BITMAX Wallet

などがあります。

NonFungible.comでは最新の価格が更新されていますので、参考にしてください。

NFTは拡大期に入っているため、今後もマーケットプレイスが続々と登場してきます。

加藤光博 Mitsuhiro Kato
海外のオンラインツールやNFTなど、急速に進化するWeb3.0時代の最新情報を発信しながら、ITコンサルタントとして各企業のサポートを行っている。ONLINEBiZ / AssetsLion

スポンサーリンク

New Thinking

新しい時代に合った考え方で未来を自分の手に入れる。